SGHの取り組み

SGHとは?

  • 2015~19年度までの5年間、文部科学省よりスーパーグローバルハイスクール(SGH)の指定を受けています。
    SGHは、将来国際的に活躍できるグローバルリーダーを育成することを目的とした事業で、先進的な教育を実践する123校(私立38校)が指定校に選定されています。文部科学省は、「社会課題に対する関心と深い教養、コミュニケーション能力、問題解決力等の国際的素養」を身につける教育を行うことをグローバルリーダー育成の要件としています。

  • SGH スーパーグローバルハイスクール

サステイナビリティから創造するグローバル社会

サステイナビリティ(持続可能性)の視点で様々な社会課題を捉え直すことが、富士見丘のSGH活動の全体テーマです。
「グローバル社会」といわれる今日の世の中では、環境問題はもとより、貧富の格差や被災によるコミュニティ崩壊など、一国、一個人では対処しきれない、持続可能性を脅かす問題が様々なかたちで発生しています。このような事態に対して明確な問題意識を持ち、世界の人々と手を携えて解決に向けた努力を惜しまない女性を育てることが本校のSGHプログラムの目標です。

スーパーグローバルハイスクールとして育成する具体的な生徒像

  • サステイナビリティの視点から社会課題に関心を持っている
  • 自ら課題を発見し、その解決に向けて努力する情熱がある
  • 課題解決のために海外の人々と交流し、英語で意見交換を行うことができる
  • 協働的な活動において他者への気配りができ、かつリーダーシップが発揮できる
  • img
  • img

さまざまなSGHプログラム

教科横断型授業、高大連携授業、国内外フィールドワークを実施する「サステイナビリティ基礎」(高1)「サステイナビリティ演習」(高2・3)を中核として、以下のような教育プログラムを実施しています。

  • サステイナビリティに関する課題研究や自主研究を実践する「探求学習」
  • 主体的で協働的な学習スタイルを確立する「スタディスキル育成プログラム」
  • 英語4技能をバランスよく育成し、英語での情報発信力を強化する「英語発信力向上プログラム」
  • 外部とのコラボレーションやボランティア活動を推進する「行動力向上プログラム」