中学校の教育

進路指導進学実績:中学校

価値ある進学を実現する富士見丘の進路指導

現代はなかなか自分が見えにくい世の中ですが、受験は自分の中に眠っている力を引き出すチャンス。目標に対して最後まで努力する体験は将来必ず役に立つはずです。

  • STEP 01

    英語教育
    探求学習

    • 英語4技能の育成
    • 知的探究心を養う
  • STEP 02

    自己実現への意欲

    国際理解教育を基盤として自分にふさわしい進路を考え、進路実現のためにはどのような能力を培う必要があるのか理解する。

    • 多様な海外研修
    • 豊富な特別講座
  • STEP 03

    自己実現に
    向けての努力

    進路実現に向けて、努力目標を明確に持ち、自己実現に向かって努力する。

    • SGUへの進学
    • 海外大学への進学

進路指導(中学校)

  • 中学1年

    • 学力推移調査④
    • 職業研究
      「身近な人にインタビュー
    • 思考力模試⑨
  • 中学2年

    • 学力推移調査④
    • 職業体験⑨
    • 中大連携プロブラム
      (武蔵野美術大学)
    • 思考力模試⑨
  • 中学3年

    • 学力推移調査④
    • 高校カリキュラム説明会⑫
    • 先輩を囲む座談会⑫
    • 思考力模試⑨

① 職業研究中学1年 8月
職業体験訓練あるいは事後学習として、夏季休暇を利用し、職業調べなど行い、社会への関心を高めていきます。
② 職業体験中学2年 9月
職業人に密着することで社会の仕組み、大人の世界の一端を知り、自らの視野を広げるとともに、将来の自分を考える一つの契機としていきます。中学1年次は職業体験の準備として、職業調べを行い、社会への関心を高めます。
③ 高校カリキュラム説明会中学3年 12月
教科主任が高校カリキュラムを踏まえて、高校における「学び」について講話します。文理選択、進路選択の早期動機付けを狙いとします。
④ 先輩を囲む座談会中学3年 12月
高校在席生や卒業生を囲んで座談会を催し、中学生活で役立つアドバイスを聞きます。