高等学校の教育

高校の学び・コース概要

スーパーグローバルハイスクールの各種プログラムにおいて、グローバルに活躍するための思考力、スタディスキル、コミュニケーション力、英語力を身につける。

  • 1学年次の必修科目「サステイナビリティ基礎」ではグローバルイシュー(地球規模の課題)に対する理解を深め、課題解決に向けた意欲、自発的な学習姿勢、探究力を高めていきます。
  • 2・3 学年次の選択科目「サステイナビリティ演習Ⅰ・Ⅱ」においては、海外フィールドワークでサステイナビリティの視点を身に付け、英語でのプレゼン力に加え、グローバルリーダーとしての資質を磨いていきます。
  • 2学年次より希望進路に応じて大幅な選択科目を導入していきます。
  • TOEFL、IELTS、TEAP、GTECなどの英語4技能を測る外部検定テストいずれか1つは全員が必修です(検定料に補助金有り)。

グローバルコース(一般)

国内難関大学、中堅大学への進学を目指す。

  • 授業の他、特別講座で基礎学力を徹底フォローします。
  • 英語は海外の人に対して自分の意見や感情を表現できる程度を目標にします。

アドバンストコースA(英語特進)

国内難関大学、文部科学省指定のスーパーグローバルユニバーシティへの進学を目指す。

  • 授業のほか、特別講座で発展的な内容を学習していきます。
  • 英語は海外の高校生と活発に意見交換ができる程度を目標にします。



アドバンストコースB(インター)

海外大学、文部科学省指定のスーパーグローバルユニバーシティへの進学を目指す。

  • インター校、海外現地校出身者や高度な英語力を有する生徒を対象とした取り出し授業を実施しています。
  • 英語は、アカデミックで複雑なテーマに関して明確な意見が述べられる程度を目標にします。

トップアスリートコース

スポーツ推薦(あるいは一芸推薦等)による大学進学、あるいはプロスポーツを目指す。

  • 上記「グローバルコース」あるいは「アドバンストコース」の内容をベースとして、自らが得意とするスポーツで積極的に対外的な試合(活動)に挑んでいきます。試合(活動)期間中の学業については補講などで補います。
  • 海外遠征にチャレンジし、実践的な英語力を養うことも目標にします。