NEWS

NEWS詳細

東京大学『高校生のための金曜講座』

2013.05.09

4月26日、高校1年生から3年生まで20名強の生徒が、東京大学駒場キャンパスで行われた「高校生のための金曜特別講座」に参加しました。当日のテーマは「『命』の歴史哲学」、東京大学大学院総合文化研究科超域文化科学専攻 梶谷真司教授がご担当くださいました。

本講座は、「命の大切さ」についてどのように考えるべきかを改めて見つめ直すよい機会になっただけでなく、同年代の高校生が学問に対してどれだけ意欲的であるかを肌で感じる時間にもなりました。会の終了後にも、本校の生徒を含む10名ほどの高校生が梶谷先生を囲み、活発な質疑応答が1時間も繰り広げられたことは大きな驚きでした。「命」から「家族」、そして「高校生活」に至るまで、幅広い話にお付き合いいただいた、梶谷先生には感謝の気持ちでいっぱいです。