NEWS

NEWS詳細

ALTのDavid先生がシンガポール・フィールドワークに参加した高2生徒にインタビューしました。

2016.03.08

For my first mission, I was asked to talk to Miki, Miho and Narumi — three senior-high students who took a field trip to Singapore to learn more about the country and its attitude towards the environment. I was happy with this task for two reasons. First, sustainability is an important issue and deserves worldwide attention; second, I’d been to Singapore recently and wanted to natter about the country’s tourist spots. I asked the students what struck them during their trip. “Well,” Miki began, “I discovered that recycling is important, but equally important is saving and reusing water.” Miho agreed. “Singapore’s government is trying to find new ways to preserve its water. Fujimigaoka tries to do this, too — for example, our school collects rainwater to use in toilets.” “That’s great!” I said. “But did you see the Marina Bay Sands? The big boat-shaped hotel? I saw it give a laser show once.” “We saw it,” Said Narumi. “But more importantly, we went to local schools to talk to students about the environment. Singaporean students think about sustainability very seriously. I think that that’s important and that students in Japan should do this as well.” “Awesome!” I said. Did you go to the Ferris wheel? I liked the Ferris wheel.” “We saw it.” said Miki, “We also wanted to spend more time interacting with people. For example, we asked shop clerks about themselves and their customers, and we used that data to create hypotheses about the country. We thought, for example, that because the country contains many communities and languages — it has many English speakers, Japanese speakers, and so on — there is good communication between cultures.” “But did you waterski?” “Thanks, David,” the students said. “See you later.”

David’s Corner ー シンガポール・フィールドワーク 参加生徒へのインタビュー

 私の初仕事として、シンガポールフィールドワークに参加した高校生のMikiさんMihoさんNarumiさんに、国の様子や環境保護への取り組みをたずねてみました。サステイナビリティ(持続可能性)は重要課題で、世界的に注目されているし、私も最近シンガポールに行って来たので、現地の観光スポットについて楽しくおしゃべりができると思い、楽しみにしていたのです。今回の旅行で心に残ったものは? とたずねました。 Mikiさん、「リサイクルは重要ですが、水資源の節約・再利用も同様に大切なことに気付きました。」 Mihoさんも「シンガポール政府は水資源保護のために新たな政策を模索しています。富士見丘も同じようにチャレンジしているじゃないですか、例えば雨水をトイレの洗浄水に再利用しているとか。」と話してくれました。 「素晴らしい! でもマリーナベイサンズは見たでしょ? 大きい船のような格好をしたホテル、僕は以前レイザーショーやってるところを見たけれど」とたずねると、「ホテルは見ました。」とNarumiさん。「でも現地の生徒と環境問題について話し合う方が大切だったのです。シンガポールの生徒達はサステイナビリティについてとても真剣に考えています。日本人の私たちも見習うべきです。」と肩透かし。 「すごい! じゃあ、観覧車には乗った?」と私が尋ねると、「見ただけです。」とMikiさん。「現地の人たちともっと触れ合う時間を取りたかったからです。例えば店員さんや、お客さんとかにインタビューして、そのデータを基にこの国に関する仮説を立てたいと思いました。シンガポールでは多くのコミュニティーがあって英語や日本語など言語も多様です。異文化間のコミュニケーションには最適な国だと考えました。」 「うーん、でも水上スキーはしなかったの?」 「David、今日はありがとう。じゃあまた。」3人は挨拶の言葉を残しました。