NEWS

NEWS詳細

2014年度高校入試 英語特別選抜Ⅱ期 英語の出題形式の一部変更について

2013.10.08

2月12日(水)に実施される「高校入試 英語特別選抜Ⅱ期」において、英語の試験問題で出題形式の一部変更があります。

「英語特別選抜Ⅱ期」の英語試験は、「一般試験と同一問題(50分:100点)+一般試験と異なる問題(25分:50点)」で構成されています。2013年度の「一般試験と異なる問題(25分:50点)」は、全て文法事項に関する選択問題で、内容も高等学校で学習するものが一部含まれていましたが、2014年度は、総合読解問題(約650words)一題と英作文を出題し、中学校での学習レベルに即した内容の出題とします。英文の大意が把握でき、大切な構文を用いて英文を書くことができるかを確認する問題となります。

詳細は11月30日(土)、12月7日(土)の学校説明会「入試問題傾向と対策」でお話いたします。