NEWS

NEWS詳細

2016年 英国短期留学(5) チェルトナム市長舎訪問

2016.03.24

週末を過ごし、ホストファミリーとの距離が一層縮まった生徒たちは、週明けの22日午後にチェルトナム市庁舎を訪問。5月より市長に就任されるChris Ryder副市長と1時間にわたる懇談を行いました。議事堂のイスに座り、副市長を迎える際には大変緊張している様子の生徒たちでしたが、チェルトナムの歴史をはじめ、ご自身の職責の重さや、女性として重責に就く中でのご苦労などをわかりやすくお話しいただくことができました。生徒からのいくつかの質問にも丁寧にお答えいただき、市長応接室では、市長が身に着ける、8万ポンド相当のゴールドチェーンを副市長自らかけていただくという忘れ難い経験をする機会にも恵まれました。
市庁舎を後にした一行は、徒歩数分の距離にあるWilson Galleryを訪問。チェルトナム出身の医師であり、南極探検隊の一人として南極点で亡くなったエドワード・エイドリアン・ウィルソンにちなんだ博物館です。ここでは南極の貴重な史料に加え、19世紀末から20世紀初頭のイギリス史、イギリス文化の東洋文化との結びつきを学ぶことができました。高校1年生は世界史で学習した内容も含まれ、親近感を持って見学することができたようです。
夕刻にはホストファミリーの家庭訪問を実施し、本校生徒のホームステイでの様子をうかがいました。「多少シャイな様子があったけれど、少しずつ慣れてきた」という声が聞かれたり、もはや本物の家族の様に幼児がぴったりとくっついて離れない家庭もあるなど、楽しげな様子を垣間見ることができました。

 

【関連記事 短期留学 (1) 短期留学(2) 短期留学(3) 短期留学 (4)