NEWS

NEWS詳細

オーストラリア姉妹校からの留学生のプレゼンテーション

2014.01.17

1月17日(金)、現在交換留学生として高校1年で学習をしているケイト・フラハティさんが、本校生徒に向けて自己紹介ならびに母国オーストラリアの紹介を行いました。ケイトさんの母校Santa Sabina Collegeは、付属中学校出身者にとっては中学校修学旅行で訪れた場所だけに、学校の写真が映された途端、「懐かしい!」といった声が聞かれました。

ケイトさんの話やその後の質疑応答はほとんど英語で交わされ(ケイトさんは「しゃぶしゃぶ」が好きで、将来の夢は弁護士だそうです)、短いながらも同年代の女性同士の国境を超えた交流が展開されていました。残念ながら来週にはオーストラリアに帰国してしまいますが、今回のプレゼンテーションをきっかけに、本校生徒とケイトさんとの交流が一層深まることを願っています。