NEWS

NEWS詳細

2013年 カナダ短期留学報告

2013.09.06

カナダ短期留学一行は8月19日から9月3日まで、16日間にわたる語学研修・ホームステイ体験をおこなってきました。カナダ西海岸の大都市バンクーバーから車で約2時間の滞在地チラワックは、四方を山に囲まれトウモロコシ畑や牧草地が広がる閑静な地方都市でした。気温は23度前後と涼しく、早くも秋の気配を感じさせ、澄んだ広い空の下で快適なホームステイ生活を送ることができました。現地のホストファミリーはどこも明るく開放的な雰囲気で迎えてくれました。英語で生活することは想像以上に難しく、伝えたいことが上手く表現できず悔しい思いをしつつも、次第に英語生活に慣れて最後には離れがたいほどホストファミリーと交流を深めることができました。

英語研修は2人の教員と11人のバディ(カナダ人学生)に迎えられ、カナダの生活習慣や文化について学びました。午後のアクティビティでは周辺の湖や渓谷に足を伸ばし、日本では見ることのできない美しい自然を堪能しました。またFirst Nations(先住民を最近はこう呼びます)の文化であるドリームキャッチャー作りも体験しました。

「さよならパーティー」では、授業中に創作したスキット(寸劇)と、能管(能楽の笛)・バレエ・ソーラン節・少林寺・合唱をホストファミリーの前で披露しました。日本文化を紹介し、感謝の気持ちを伝えることができて、忘れられない最後の晩となりました。
チラワックを旅立った後は、バンクーバー市内とブリティッシュ・コロンビア大学を見学しました。広大な森の中に位置し、キャンパス内に街があるという日本では考えられない環境に一同が驚嘆しました。翌日にはアメリカ合衆国のシアトルに移動してワシントン州立大学を見学し、研修中に出会った人々や目にした光景を思い浮かべながら帰国の途へとつきました。