NEWS

NEWS詳細

2013年 春の短期留学(2)

2013.04.08

前回の報告(春の短期留学(1))の後、短期留学一行は、再びオックスフォードを訪れました。帰路には戦時中の英国首相チャーチルが生まれたことで知られる世界遺産ブレナム宮殿を見学。また、チェルトナム市庁舎を表敬訪問し、市長に英語で質問を浴びせていました。英語研修後半には、本校の校長・学園長が生徒の研修の様子を視察に訪れ、和やかなひとときとなりました。研修最終日の「さよならパーティー」ではホストファミリーを迎えて、折り紙・習字・茶道・少林寺拳法を披露し、また一緒に楽しみました。バルーンアートやお手玉・竹とんぼなども人気でした。
ロンドンに移っても相変わらずの寒さでしたが、元気に見学地を巡りました。この頃から現地はイースター休暇に入り、観光地はどこも人でいっぱいでしたが、バッキンガム宮殿前の衛兵交代も観光客をかき分け、例の赤い衣装の衛兵を追いかけました。
ベストシーズンのUAEに移動すると、UAE大学との交歓会を皮切りに、日本大使館の表敬訪問や日系石油会社の夕食会など、有意義な時間を経験しました。そして、きれいな海やドバイモール、近未来的な環境都市「マスダールシティ」などバラエティ豊かな見学地を巡り、最後の夜は、満点の星空の下、荒涼たる砂漠に身を置いて、23日間にわたる研修旅行を締めくくりました。