NEWS

NEWS詳細

公開講座「イスラーム寺院と礼拝見学」を実施しました。

2012.01.24

 雪交じりの1月21日、代々木上原駅近くにあるイスラーム寺院「東京ジャーミイ」に行きました。参加者は3月の「英国短期留学」でアラブ首長国連邦(UAE)を訪問する生徒を中心とした中2~高2の30名。UAE訪問を前にイスラム文化に触れる機会を得ることができました。
真っ白な尖塔(ミナレット)と大きなドームが、東京のまっただ中に異文化空間をつくりだしています。重厚な扉を開けると、そこにはイスラームの世界が息づいていました。
この建物はトルコ大使館の文化センターとしても利用されています。まずユヌス・エムレ トルコ文化センターの伊藤さんから同センターの活動についてお話を伺いました。トルコ文化を紹介する様々な講座が開かれており、料理教室も催されているとのことで、参加者中クッキング部の生徒にはトルコ料理の本がプレゼントされました。

 次に宗教部の下山さんからイスラームについて、お話を聞きました。メッカのカーバ神殿を埋め尽くす人々の衣装が、純白であることやその理由にていて、写真を使った興味深い説明をしていただきました。その後いよいよ礼拝見学となりました。
礼拝堂に入るときには靴を脱ぎます。これは日本人にはそれほど違和感を感じさせません。次に生徒は持参したスカーフで頭を包みました。ここで礼拝を呼びかけるイマーム(指導者)の声が、礼拝堂内に響き渡ります。そのよく通る声は独特の節回しがあり、イスラーム世界に旅したような錯覚を覚えます。
10分程度の礼拝が済んで、下山さんからイスラームの信仰について解説がありました。アッラー(神)の前の平等がテーマでした。
その後自由見学となり、生徒たちはイスラーム寺院の内部をくまなく観察。異文化の香りに浸りました。

礼拝堂内部

 

礼拝堂

礼拝堂見学