NEWS

NEWS詳細

文化祭特別講演「アラブ首長国連邦(UAE)を知る」

2011.10.20

日本と深い協力関係にあるアラブ首長国連邦

文化祭初日の10月8日、午後1時から「アラブ首長国連邦(UAE)を知る」という特別講演が図書室で行われました。同国と関わりの深い濱田秀明 氏(国際石油開発帝石株式会社)と濱田聖子氏(日本中東学会会員)ご夫妻を講師に迎え、アラブ首長国連邦という国の概要、習慣、風習などをお話いただきま した。
アラブ首長国連邦(UAE)は7つの首長国が集まってできた国ですが、国の面積は北海道とほぼ同じで人口は477万人。アブダビ首長国のシエイク・ハ リーファ・ビン・ザイード・アル・ナヒヤーン殿下が大統領を務めています。日本で最もよく知られているUAEの都市はドバイですが、首都はアブダビで、こ こにはルーブル美術館別館、ソルボンヌ大学アブダビ校やニューヨーク大学アブダビ校などが集まる文化都市です。ご夫妻は4年間このアブダビにお住まいでし たが、UAEは大変治安のいい国だそうで、凶悪な犯罪はあまり聞いたことがないということでした。建国からまだ40年ですが、日本との交流は深く、石油の 主要な供給国というだけでなく、文化、教育、観光、スポーツなどの交流を通じて年々その緊密さを増しています。
金曜日が礼拝日で休みは金・土であること、宗教上、豚肉は食べられず、主に羊か鳥か魚を食べること、しかも食事には箸やフォークを使わず右手を使って食 べること、男女の生活空間は別だということなど、聞き手が中高生ということに配慮して、生活習慣などを中心に分かりやすく楽しく紹介してくださいました。 民族衣装の布の最高級品が日本製とされていることやテレビで日本のアニメが数え切れないほど多く放映されていること、日本のジャニーズも若者の間ではよく 知られていることなど、意外な話に会場は盛り上がりました。熱心に聞き入っていた生徒たちは改めてUAEに興味を持ったようで、終盤はご夫妻を質問ぜめ に・・・とても充実した1時間となりました。