NEWS

NEWS詳細

2018年度入学式 ーコンピテンシーを身に着けるー

2018.04.09

4月7日(土)、2018年度の入学式を挙行しました。新デザインの真新しい制服に身を包んだ中学高等学校それぞれの新入生たちが入場し、例年通り温かな雰囲気の中、式がスタート。学校長式辞では「コンピテンシー」という言葉が提示され、AIにより日々変革している21世紀社会を生き抜く真のグローバル人材として必要な能力・資質=「コンピテンシー」を身に着けることが重要であり、そして富士見丘はそのための環境を整えていくという点が強調されました。式の後には模擬国連部による英語プレゼンテーションが披露され、新入生にこれから目指すべき方向性が示されました。新たな仲間を迎え、いよいよ2018年度の富士見丘生の活躍が始まります。