NEWS

NEWS詳細

体育祭(東京体育館 2013/6/24)

2013.07.05

6月24日(月)、千駄ヶ谷の東京体育館で平成25年度の体育祭が開催されました。今年はいくつかの新種目が加わり、なかでもクラス全員参加型競技の「大なわとび」は、朝・昼の練習の成果が表れ大いに盛り上がりました。

本校の体育祭は学年対抗で行われ、赤組(中高1年)、白組(中高2年)、青組(中高3年)に分かれて熱戦が繰り広げられます。「玉入れさせない」「ボール運び」などのフィールド種目と「50M走」「リレー」などのトラック種目が交互に行われ、特にクラス対抗リレー、部活動対抗リレーは前半戦の大きな見せ場となりました。昼食前には学年ごとの華やかで楽しい応援合戦があり、観客席からも大きな声援がフロアに送られていました。

午後の後半戦は、体育祭の華、各学年のダンス発表からです。中学生は全学年合同で創作ポンポンダンスを発表し、その可愛い演技に大きな拍手が送られました。高校1年生が披露した伝統の「富士見丘体操」では、見ている上級生、卒業生の身体も自然に反応し、ひときわ大きな声援が湧いていました。高校2年生・3年生の布を素材とした優美な創作ダンスの後には、本年度の新種目、中学2年生・3年生による武道発表が行われました。少林寺拳法の礼法基本動作を集団で演武し、短い練習時間にもかかわらずまとまりのある発表となりました。

学年対抗終盤戦は、「職員リレー」「つなひき」と競技が進むにつれ声援が高まり、「学年リレー」でボルテージは最高潮に達しました。総合優勝は有終の美を飾った青組(中高3年)でしたが、閉会式ではどの学年の生徒たちも満足気な表情をしていました。