NEWS

NEWS詳細

中学3年生LHR ” NASA Exercise: Survival on the Moon”

2017.02.23

2月22日(水)、中学3年生は、LHR(ロングホームルーム)の時間を利用して、NASA(アメリカ航空宇宙局)の知的トレーニング「月からの帰還」に挑戦しました。

生徒全員が宇宙船の船員でありながら、月で遭難してmother shipから遠く離れた地点に取り残されてしまうという設定の中、母船に戻るために唯一残された15の持ち物に優先順位をつけることが今回の役割です。まずは、持ち物に自分で1~15の順位をつけ、その後グループ内でディスカッションし、グループの意見を決めて全体に発表しました。最後に専門家の模範解答を示し、各グループごとの模範解答との誤差を計算して、実際の場面での生き残る可能性を想像しました。限られた情報の中、生徒たちは個性的な発想を用いてさまざまな視点から持ち物の重要度を論理的に考えていました。