NEWS

NEWS詳細

中学3年生 「校内探検ツアー ー防災備品について考えるー」

2016.09.26

9月21日(水)ロングホームルームの時間に、中学3年生は「校内探検ツアー ―防災備品について考える―」を実施しました。まず最初に、グループごとに校内を巡り、蓄電池や発電機そして備蓄品のすべてを見学。学校管理責任者からの説明を受けながら、いざという時のために学校内に生徒一人一人に十分な備品があることを確認しました。
その後、教室に戻ってグループごとにディスカッションの時間を設け、自らが通う学校をよりよくするためには何が必要なのか、また今後の学校の課題は何か、について皆で議論をしました。食料は十分すぎるほどの量があるのに対し、歯ブラシなど衛生に関わるものが若干少ない、などの指摘や、この経験を後輩たちにどのように伝えていくべきなのかが課題、といった意見が出され、中学3年生全員で今後の検討課題として意識を共有しました。