NEWS

NEWS詳細

高校3年 内定者講座 「卒業研究発表会」

2016.02.29

本校の高校3年 進路内定者は、毎年1月から各自の進路に即したテーマで「卒業研究」に取り組んでいます。テーマの選定、資料収集にはじまり、自身の考察を数十枚に及ぶレポートにまとめあげることは考えていた以上に難しいことですが、各々が強い関心を持つテーマを選んだだけに、今年は特に独自の視点をもつユニークかつ質の高い研究が目立ちました。
そして、卒業をいよいよ1週間後に控えた2月26日、学びの集大成として「卒業研究発表会」が行われました。優れた作品が多数ある中、予選を通過した優秀者8名が、各自のテーマに基づく現在までの「学び」を披露し、質疑応答も含め、活発な議論が展開されていました。

優秀作品のテーマは以下の通りです。
「ポルトガル語圏の国と日本の関係について」
「Chiropractic」
「NHK連続テレビ小説からみる現代の女性像」
「写真展示」
「看護について」
「幼児と動物の発達と関係性」
「常識とは」
「児童の情操教育及び心理的発達に於ける文学の意義」