NEWS

NEWS詳細

風紀委員会が「LINEおたすけスタンプ」をつくりました。

2015.12.18

おたすけスタンプLINE株式会社が青少年のネット上のトラブル防止活動の一環として中高生から「悪口などのトラブルを防止するLINEの“おたすけスタンプ”」を募集し、本校風紀委員会も委員会活動の中で製作に取り組みました。

この企画は、NHK Eテレで放映された「いじめをノックアウトスペシャル第6弾 ボクたちはあきらめない。」において、出演した中高生が「LINEのスタンプで場を和ませ、悪口が飛び交う“空気”を変える」というアイデアを出したことが発端になっています。

風紀委員会のスタンプ製作は11月より始動。中学1年~高校2年までの縦割りのグループで製作にあたりました。大事にしたのは「思い」です。これまで見たり聞いたりしてきた悪口やいじめのエピソードを語り合い、その上で、各グループ内でどんなメッセージを送るのが有効かを熟考し、スタンプの全体像について決めていきました。

また、同時にスタンプのデザインについてもケーススタディを行いました。街中やインターネット上にあふれるマークや表示、アイコンやロゴマーク。どんなターゲットに対しどんなメッセージを送っているのか、学びを深めました。途中、高校2年生はアメリカ修学旅行もあり、アメリカならではのポップで明るいマークや表示に触れ、様々なヒントを得た様子でした。

そして、最終回の12月17日(木)には、完成したスタンプのプレゼンテーションをしました。どのグループも「思い」のこもったスタンプを紹介し、話し合う過程の中でいろんな立場の人の気持ちが分かったという感想も聞かれました。また、2013年に策定された本校のソーシャルメディアポリシーに触れ、改めてそれを守り、安全かつ楽しいネットワーク活用をしたいという意識を新たにしました。