NEWS

NEWS詳細

中学2年生 「制服着こなし」セミナー

2015.04.13

4月8日(水)、中学2年生の新学期オリエンテーションとして「制服着こなし」セミナーが開催されました。
制服メーカー「トンボ」のご協力により、前半はワークショップ形式での実施。グループごとに「美しい制服姿の人」を選抜し、その後グループ間で司会者・記録者・発表者などの役割を決め、なぜその人を選んだかの理由を討議しました。付箋紙に気づいたことを書きとめ、まとめ、プレゼンテーション。入学以来多くの発表の場を経験しているだけあって、堂々とした中にユーモアも交えたよい発表ができました。この活動を通して、「着こなし」とは制服のみならず、髪型や姿勢、表情やしぐさなど様々な要素から構成されることも分かりました。
後半は「トンボ」で制服のデザインに携わっている方による講義。制服とは、その人が何者であるかを表す「身分証明書」のようなものであり、任務や立場につく場合の気持ちの切り換えをもたらすとともに、集団の連帯感のシンボルであると説かれました。
海外で活躍する時、パスポートが日本人としてのアイデンティティを示すように、制服とは自分の存在を象徴するものでもあります。自己を表す制服を正しく着こなし、全生徒がグローバルリーダーとして世界に羽ばたいてくれることを期待します。