NEWS

NEWS詳細

中学1年生の理科実験

2014.05.10

5月8日、今年度第2回目となる中学1年生の理科実験が行われました。
今回は、「光合成で二酸化炭素が使われることを確かめよう」と題しての実験です。

Question:How do plants change the environment?
疑問:どのように、植物は周囲の環境を変えるか?
目的:植物のはたらきによってどのような変化が起きるかを調べる。
を確認し、方法について説明を受けた後、いよいよ実験がスタートしました。

まずは、試験管8本を用意して、オオカナダモを使って8通りの条件を作ります。

8通りの条件の試験管を、屋外に置いて日光を当てます。
約40分後、試験管にBTB液を数滴たらし、色の変化を観察し、まとめます。

うまくいった班、そうでなかった班とありましたが、試験管を見つめる生徒たちの真剣なまなざしが印象的でした。
次回、中学1年生は、「光合成はどこで行われているか調べよう」と題して、顕微鏡でオオカナダモを観察する実験を予定しています。