NEWS

NEWS詳細

中学の「PBL学習」が新聞社に取材されました。

2014.02.07

2月6日、富士見丘中学校で行われているPBL学習(課題解決型学習)が公開され、朝日新聞による取材がありました。
中学2年生は「技術家庭 『快適に住まう』」、3年生は「国語 『私たちの悩み』」と題しての授業を公開しました。2年生は、TVアニメ「サザエさん」の舞台である「磯野邸」を題材として、さらに住みやすくするために新たな間取りを考え、発表するというものです。中学生ならではの自由な発想と、生徒同士の質疑応答から「住まう」ことについての数多くの学びが生み出され、大変密度の濃い授業になりました。
また、3年生は、「同調圧力」に関する文章を読み、中学生にとっては身近な「同調圧力」について考え、さらにこれからの生活の中で「他者との併存性」を重視するための作法について議論・発表する、という内容です。非常に難しいテーマでしたが、「同質性」が強く求められることの多い日本社会において、人の目を気にしないで自由に行動するためのポイントを皆で考え、深い考察に至っていました。
2学年ともに、活発な意見が交わされていました。授業のさらなるレベルアップを目指し、生徒・教員ともに今後も努力を継続します。