NEWS

NEWS詳細

「理科・社会の日」~4.26 横浜/両国・台場/筑波~

2013.05.02

≪中学≫
4月26日は「理科・社会の日」。中学1~3年生は横浜の三菱みなとみらい技術館と川崎の味の素工場の見学に行ってきました。みなとみらい技術館ではさまざまな科学技術にふれ、また実際にそれらを体験することが出来ました。味の素工場では「ほんだし」や「Cookdo」の製造工程を見学し、味覚や製法についてのレクチャーを受けました。普段は見ることのできない技術や知らない知識を目の当たりにして、中学生は興味津々でした。


≪ 高校1年≫
高校1年生は両国の江戸東京博物館とお台場の日本科学未来館を訪問しました。江戸東京博物館では、我が国の中心として繁栄した東京の地を江戸時代から現代にかけて庶民の視点から学習しました。とりわけ江戸の町の交通網や上下水道の整備計画、防災機能の高さに驚かされました。お台場までの移動は水上バス。当日は好天に恵まれ、スカイツリーを目前にして生徒たちは大はしゃぎでした。午後の日本科学未来館では、宇宙から人体の構造まで解説員の方から丁寧な説明を受け、地球環境や先端技術への関心を深めました。


≪高校2年≫
高校2年生は茨城県つくば市へ出向き、午前中に筑波大学との高大連携プログラム(筑波大学の先生による本校生徒の為の特別講座)へ参加、午後から宇宙航空研究機構(JAXA)筑波宇宙センターと産業技術総合研究所[地質標本館]の見学を行いました。
高大連携プログラムでは、理数選択コース・世界史選択コース・日本史選択コースに分かれて大学の先生による本物の大学講義に触れる機会を得ました。またJAXAでは宇宙飛行士養成棟の見学、実物のロケットや人工衛星の試験モデルを見ました。地質標本館では地球の歴史や地下資源、地震・火山等について幅広く学習しました。盛りだくさんの日程ではありましたが、生徒一人一人の探究心を刺激する一日であったと思います。