NEWS

NEWS詳細

投稿文が新聞に掲載されました。

2013.04.02

平成24年度「高校3年生内定者講座」にて作成した文章が、4月1日の産経新聞投稿欄に掲載されました。以下、掲載された文章です。

● いつまでも両親を大切に 

高校3年  岩舘 有紀

私は2月、奄美群島の沖永良部島に住む祖父母を訪れ、10年ぶりに再会しました。でも、ともに85歳を超えた祖父母は衰え、孫の私の顔も名前も覚えていませんでした。祖父母の介護は、叔父夫婦が食事や生活に気を使いながら担い、祖父も健康のため好きなビールをやめていました。
そんな4人と2週間ほど暮らしましたが、祖父母に対して時々、いらついたり、嫌味を言う自分に気がつきました。それは祖父母が好きだっただけに、その老いに対するもどかしさや悔しさからだったと思います。そして両親が祖父母のようになったときのことを想像し、自分に両親の介護ができるのかどうかを自問自答しました。
自宅に帰ってからもしばらく悩みましたが、私はたとえ孫が分からなくなった祖父母でも電話をかけて励まそう、そしてこれからは叔父夫婦のように両親を大切にしようと思いました。