NEWS

NEWS詳細

少林寺拳法部 高校全国大会で全員入賞!

2013.08.31

7月30日(火)~8月2日(金)、少林寺拳法部は町田市立総合体育館でおこなわれた第40回全国高等学校少林寺拳法大会に出場しました。団体演武の部で4位、組演武の部で三年生の岡本・豊原組が3位、単独演武で一年生野崎が5位、三年生篠原が7位という結果でした。出場した全員が入賞し、早稲田実業学校の選手とあわせて東京都として女子の最優秀都道府県を獲得しました。
春の選抜大会に引き続いての全国優勝を狙いましたが、各校のレベルの高さと勝負の厳しさを教えられた大会となりました。夏の練習をしっかりおこない、秋の新人戦に向けてまた新たなスタートを切りたいと思います。

13高校全国大会

 ●団体演武 岡本・豊原・武藤・篠原・平野・野崎
「レベルの高さを改めて痛感した全国大会でした。納得のいく結果ではありませんでしたが、皆で一つのものをつくり上げ、やり遂げることができました。」

 ●組演武 岡本・豊原
「今回の大会では納得のいく演武ができず、悔しい結果でした。しかし、手応えは感じることができたので、次に生かしていきたいと思います。とても楽しい全国大会でした。」

 ●単独演武
篠原 「納得のいく演武ができず、悔しい結果でしたが様々なことが学べました。」
野崎 「高校で初めての全国大会でとても緊張しましたが、逆にその緊張を生かして自分の力が発揮できました。次の全国大会も出場できるように精進したいと思います。」