富士見丘中学高等学校

英語教育プログラム

国際社会で活躍するためには、英語力は必須。
それぞれの英語力に応じて少人数で行われるアクティブラーニング型の授業を通して、世界中の人と積極的にコミュニケーションできる力を養っていきます。

新旧融合型の英語教育

日々の英語の授業では、「読む」「書く」「聞く」「話す」の4技能を意識したアクティブラーニング型の新しい指導を取り入れていますが、それだけではうわべの実力になってしまう恐れがあります。富士見丘の英語教育では、文法や長文問題のプリント学習や単語テストなど、日々の地道な取り組みをより一層充実させることで、基礎力も確実なものにしています。私たちはこれを「新旧融合型の4技能英語教育」と呼んでいます。
また宿題は確実に全員に提出させる、すべての小テスト・定期テストのやり直しをさせるなど、少人数教育だからこそできる行き届いた指導で、あらゆるレベルの生徒の英語力を確実に伸ばしています。

Extensive Reading(中3~高1/週1時間)

  • できるだけ多くの英書を辞書を使わずに読む授業です。レベルにあった短編から読み始め、徐々に長い文章にチャレンジしていきます。1冊読んだら、本の内容に関する設問に答えて内容の把握ができているかをチェック。英語多読を通じて単語力、読解力、速読力、文法力を養成し、英語長文への抵抗感をなくしていきます。

  • img

週末エッセイライティング(中1~高2)

  • 毎週末の課題として「英文を書く」取り組みを行っています。中1・中2は日記を、中3以上は与えられたトピックについてエッセイを書いて提出します。ネイティブ教員と日本人教員が生徒の英語力に応じて毎回丁寧な添削を行うことで、生徒たちは徐々に英語の文章を書く力を付けていきます。

  • img

Online Speaking(中2~高2/週1時間)

  • 希望者のみならず週1回の授業内で全生徒が取り組んでいます。テレビ電話を使って海外のネイティブスピーカーと会話を行うなかで、臆することなく英語を発話する力を身につけます。毎回自己評価シートを用いた振り返りを行うことで、「話して終わり」ではなく、自ら見つけた課題を次の機会へとつなげていきます。

  • img

校内英語スピーチコンテスト/
校内プレゼンテーションコンテスト(中1~高2)

  • 学年ごとに全員参加型の英語コンテストが行われています。中1ではレシテーションコンテスト、中2ではShow and Tellコンテスト、中3ではオーストラリア修学旅行についてのスピーチコンテストを行います。ネイティブ教員が発音だけでなく表現の創意工夫も含めて審査し、優秀者が選ばれます。文化祭で開催される英語スピーチコンテストでは学年を超えた数十人の希望者が参加しています。
    高校生は、高1「釜石フィールドワーク」、高2「海外フィールドワーク」についてのプレゼンテーションコンテストを行っています。英語原稿の構成の仕方に始まり、発音指導やパワーポイントによる効果的な発表方法まで、きめ細かな指導を受けられるので、全員が自信を持って本番の舞台に立つことができます。

  • img

放課後英会話レッスン(希望者)

本校には7名のネイティブ教員がいます。放課後には希望者が自由に受講できる20分枠の英会話レッスンが準備されていて、職員室にある所定の申し込み用紙に名前を書くだけで、気軽に週に何度でも英会話を楽しむことができます。