NEWS

NEWS詳細

上智大学北條研究室との連携企画「環境史フィールドワーク」

2019.05.23

上智大学文学部北條勝貴教授のご指導をうけ、地域環境の地形的特徴と歴史を探る「環境史フィールドワーク」は5年目となりました。今年度は高校2年生6名が参加して、甲州街道と内藤新宿にまつわる研究を行います。
5/18(土)は四谷のフィールドワークを行いました。午前は、荒木町のスリバチ地形を歩き、津の守弁財天・金丸稲荷など美濃高須藩上屋敷の跡を巡り、新宿歴史博物館では学芸員の方からジオラマを使って内藤新宿について詳しく解説をしていただきました。午後は『君の名は』で有名な須賀神社をスタート地点として、赤坂川によりつくられた窪地である鮫河橋周辺を歩き、北條先生から江戸時代から明治時代にかけての地域の人々の生活について教えていただきました。次回は内藤新宿周辺をフィールドワークする予定です。