NEWS

NEWS詳細

SGH甲子園2019 英語プレゼンテーション部門で最優秀賞!

2019.03.25

3月23日(土)に関西学院大学で開催された全国スーパーグローバルハイスクール課題研究発表会(SGH甲子園2019)の研究成果プレゼンテーション部門〔英語発表〕において、高校2年の3名(佐藤利香さん、佐藤深生さん、仙石真心さん)が最優秀賞を受賞しました!SGH甲子園での本校の受賞は3年連続となり(2017年:英語プレゼンテーション部門優秀賞、2018年:ラウンドテーブルディスカッション部門 優秀賞)、一昨年に続き、7月に開催される国際的な研究発表会「Global Link Singapore 」に招待されることとなりました。

SGH甲子園は、全国のスーパーグローバルハイスクール指定校、アソシエイト校109校が一堂に会し、課題研究の成果を競う日本最大級の課題研究発表会です。研究成果プレゼンテーション部門は、書類と動画による選考を経た25校が本選に出場し、本校代表の3名は、“Trashed Treasures ―FOOD LOSS-”と題する発表を行い、マレーシア・フィールドワークを経た研究成果を堂々と披露し、審査員の大学の先生方から多くの称賛コメントをいただきました。本校からは、ポスタープレゼンテーション部門〔英語発表〕にも、台湾フィールドワークを経た5名が参加し、全国の高校生との研究交流で多くの刺激を受けました。SGH甲子園で得た「刺激」「自信」を、今後のSGHとしての学びに繋げていきたいと思います。