NEWS

NEWS詳細

高大連携環境史ワークショップ「玉川上水今昔物語」in上智大学

2018.11.26

11月23日(金)、上智大学四谷キャンパスにて本校SGH高大連携授業である「環境史ワークショップ」が行われました。文学部史学科北條研究室の協力のもと、富士見丘高校周辺に流れる玉川上水の歴史的変遷を調査し、北條研究室の学生さんにご支援をいただきながら、4月から研究発表の準備を進めてきました。本日は、上智大学文学部横断型プログラム「フィールドワーク入門」の一環として実施され、高校2年生6名が上智大学生を前にプレゼンテーションを行いました。堂々とした発表ぶりに、北條先生はじめ、学生の方々からも称賛の声を頂戴しました。2月の「SGH研究発表会」を目指し、さらに研究を深めていきます。
当日の様子は、上智大学文学部のホームページにも紹介されています。