NEWS

NEWS詳細

上智大学 北條研究室との連携「環境史フィールドワーク」②

2018.06.13

今年度は、高校2年生8名が、総合学習として「環境史フィールドワーク」に取り組んでいます。6月9日は、御茶ノ水にある「水道歴史館」を見学し、江戸時代の上水の仕組みや、近代水道の成り立ちについて学んだ後、神田上水に関する講座を受講しました。その後、上智大学に移動し、文学部史学科准教授の北條勝貴先生から、フィールドワークを実施する手順について講義があり、研究室の学生の方が実際にどのような調べ方をしてレポートを作成したか、教えてくださいました。フィールドワーク前に多くの文献資料を読み、問いと仮説を立ててから、実地調査を行う必要性について具体例を交えて説明してくださったので、高校生にもわかりやすく、これからの取り組みに大変役立ちました。今後は、本校周辺の玉川上水について研究を進めていきます。