NEWS

NEWS詳細

サステイナビリティ基礎「グローバルワークショプ」最終回

2018.02.05

2月3日(土)、高校1年「サステイナビリティ基礎」の一環として、慶應義塾大学大学院大川研究室とのコラボ授業「グローバルワークショップ」第8回が実施されました。
本年度の最終回となる今回は、この1年間学んできたSDGs(持続可能な開発目標)に関わる各グループの宣言を、飾りびなの写真とともにインスタグラムに投稿。グローバルイシューの解決策を世界に向けて発信しました。その後、滋賀県の高校に通うブラジル人の高校生とスカイプを通じて、互いの提言を発表し合いました。ポルトガル語、韓国語、中国語、スペイン語、英語、そして日本語が飛び交う、文字通りグローバルな高校生同士のやり取りが展開され、「グローバルワークショップ」の名にふさわしい最終回となりました。