NEWS

NEWS詳細

模擬国連部 「ジャパンメトロポリタン模擬国連」予備講習会に参加

2016.11.14

模擬国連部は、来年2月に開催が予定されている「第3回ジャパンメトロポリタン模擬国連」に参加を予定しています。これに先立ち、11月12日に洗足学園で行われた同大会の予備講習に参加し、模擬国連の基礎と実際の大会での動きを体感しました。
この日の講習は3部構成。まず初めは、Unmoderated Caucus(非着席コーカス)での動きを体験します。ここでは、実際の会議で割り当てられる国の代わりに、各自が野菜や果物の立場となり、「最高のサラダを作るために」どの具材と結びつくのがよいかという交渉を行います。座席を立ち、自ら相手を求めて交渉をまとめ、同じ立場の連携相手を増やしていく様子は、さながら国連の会議のようです。最後には「クリスマスサラダ」など3つのグループが完成し、それぞれの代表がそのサラダをアピールする時間が設けられ、投票となりました。
第2部では、模擬国連の会議に参加するにあたっての事前準備のポイントの解説を受けました。Opening SpeechやPosition Paperの重要性とその構成で注意すべき点などが指摘され、2月に向けての課題が明確になりました。
最後の第3部では、手順の解説を受けました。Roll Call(出席確認)時の返答方法や、Moderated Caucusを求めるための発言方法などの定型文を学習し、実際に割り当てられた国のプラカードを使って練習する時間となりました。
講習に参加したことで2月の大会に向けての課題が明確になり、部員の生徒たちは手応えを感じた様子でした。