NEWS

NEWS詳細

模擬国連部 「国際理解・国際協力のための高校生の主張コンクール」で入賞!

2016.09.20

9月19日に千代田区のJICA地球ひろばにて行われた「第63回国際理解・国際協力のための高校生主張コンクール」東京都大会において、本校の模擬国連部の高校1年生 2名が入賞を果たしました。
書類選考を勝ち抜いた16名で争われたこの大会において、自分が国連事務総長であれば教育を柱として人道問題の解決を図りたいと主張した毛塚さんは「努力賞」、国連加盟60周年を迎える日本が果たすべき国際社会における役割について主張した中村さんは「審査員賞」を受賞しました。
今回のコンクールへの参加を通して、国連と国際社会を取り巻く問題について考えを深めると同時に、主張をどう印象付けるかなどのプレゼンテーションスキルを身に着けることができました。この学びを、次は模擬国連大会の場での活躍につなげていきたいと決意を新たにした一日となりました。