NEWS

NEWS詳細

富士見丘中学2年 × 武蔵野美術大学 コラボレーション展(仮称) キックオフミーティング

2016.07.22

7月16日(土)、中学2年生が東京都小平市の武蔵野美術大学に集合。造形学部芸術文化学科の杉浦幸子先生をお訪ねしました。11月に本校で開催する富士見丘中学2年と武蔵野美術大学の「コラボレーション展(仮称)」のキックオフミーティングに参加するためです。このミーティングには杉浦先生の他、武蔵野美術大学からは米徳信一先生、西中賢先生、助手の北嶋勇佑さん、学生の竹本あやさん、松田宥人さん、そして同大学美術館の植松あおはさんが参加してくださいました。
この展覧会は、武蔵野美術大学に在籍する学生さんの作品をお借りして本校生が美術展をつくるという企画です。作者の方との対話を通じて生徒が作品理解を深め、展覧会タイトルの命名、作品の展示法、展覧会全体の構成プランを企画し、ポスターづくりなどを手がけます。
キックオフミーティングでは、先生方の楽しい自己紹介に続き、助手の方と学生さんたちは自身の作品を傍らに自己紹介をしてくださいました。引き続いて杉浦先生からコラボレーション展のプラン誕生のいきさつや今後の予定のお話、さらに生徒たちは助手と学生さんが持参してくださった作品を鑑賞して作者から制作の過程や作品に込めた思いなどを伺いました。

次は全員で同大学美術館に場所を移し、学芸員の植松さんの解説を伺いながら作品鑑賞を思う存分楽しみました。

鑑賞後は杉浦先生に学生食堂を案内していただき、生徒たちは思い思いの品を注文してほんのちょっと大学生気分を味わいました。

帰り際に学生の松田さんが引率の田中先生の似顔絵を瞬く間に描き、生徒たちの大喝采を浴びました。

関連記事:富士見丘中学2年 × 武蔵野美術大学  コラボレーション展(仮称) のためのポスター講座
関連記事:中2・武蔵野美術大学コラボ美術展「アイ展」開催
関連ムービー:富士見丘中学・武蔵野美術大学連携プログラム「アイ展」