NEWS

NEWS詳細

サステイナビリティ演習⑤ イスカンダル地域開発庁 特別講義

2016.07.20

7月15日(金)、マレーシア・イスカンダル地域開発庁(IRDA)のBoyd 環境部長、Shahrinaz(Naz)さんをゲスト講師に迎え、高2 サステイナビリティ演習『環境とライフスタイル』の特別授業を行いました。イスカンダル地域開発庁は、来年1月に実施するマレーシア・フィールドワークで連携する機関であり、今回は事前学習として、イスカンダル地域の「低炭素社会」に向けたプロジェクトについて講義をしていただきました。全て英語での講義でしたが、生徒たちは、沿岸部の生物多様性を保護するプロジェクト(PESISIR)などに興味を持ち、マレーシアのライフスタイルから環境問題まで様々な質問をゲストのお二人に投げかけていました。今回の授業でモチベーションを高めた生徒たちは、夏休みはグループ毎に課題研究を進めていきます。

7月16日(土)には、サステイナビリティ演習『開発経済と人間』の授業も行われました。イギリスのEU離脱について意見交換を行ったあと、シンガポール・フィールドワークに向けて各自が研究している「教育」「観光」「人種」について発表し、疑問の提示を行いました。さらに、ラッフルズ・ガールズスクールとの交流授業の事前学習として「シンガポールと日本の都市化の問題」を考察し、視点と思考力のトレーニングをしました。来年1月のシンガポール・フィールドワークに向け、着々と準備が進んでいます。