NEWS

NEWS詳細

中学1年 スタディスキルアップ・LHR Ⅰ 第2回

2016.06.24

6月22日、今年度中学1年の探求学習スタディスキルアップ・ロングホームルーム2回目を実施しました。(第1回は6月15日にiPad研修のかたちで実施しました。)アクティブ・ラーニングに不可欠な要素は「安心して意見交換できる環境」。楽しく、活発な話し合いができることを目標に取り組みました。

題材にしたのは、昨年も扱った「鏡を見ておどろいている人物」の絵です。この絵から想起されるイメージを自由に付箋に書き、その後グループメンバー4人と意見を交わしました。

生徒はとても積極的です。次々に付箋に書きこんだ後は、よく話し、よく手を動かします。模造紙の上にはあっという間にたくさんの付箋が並べられ、思い思いのコメントが書き込まれました。付箋の束にはユニークな「グループ名」がつけられました。

最後のワークは、付箋のもっとも多いグループについて、「ストーリー」をつくること。一体、何が起こってどうなっている様子なのか、楽しそうに語りながらプレゼンテーションの準備をします。

そして発表TIME。班ごとに発表の仕方もユニークで、笑い声があちこちから聞こえてきました。
最後はルーブリックでまとめます。iPadのアプリに、今日の活動で学んだこと、頑張れたこと、もう少し頑張ればよかったこと・・・など次々に入力します。自身の活動やグループでの貢献を振り返る貴重な時間です。

今年度もこのような形での合同ホームルームを計8回実施します。話すことも意見を聞くこともどっちも楽しい!みんなで行うと新しい発見に気付く!「学び」が「楽しい」ことをこの時間を通じてたくさん経験できるといいです。