NEWS

NEWS詳細

サステイナビリティ演習③

2016.06.08

6月4日の「サステイナビリティ演習(高校2年)」は、『開発経済と人間』『環境とライフスタイル』の2テーマの授業が行われました。

『開発経済と人間』では、前回に引き続き、シンガポール・フィールドワークにおける研究テーマの掘り下げを行いました。また、シンガポール経営大学(SMU)で行う英語プレゼンテーションに向け、研究テーマごとに構成される3~4人のグループの中で、いかに論理的なプレゼンテーションを行うことができるかについて話し合いました。プレゼンテーションの映像を見ながら、客観的なデータの収集の仕方、結論のためにどう資料を活用するか、など生徒たちは積極的に話し合っていました。

『環境とライフスタイル』は、4月の伊香賀先生(慶應大学理工学部教授)、5月の藤野先生(国立環境研究所主任研究員)の授業を受け、マレーシア・フィールドワークに向けた研究テーマの設定とグループ分けを行いました。生徒自身の関心から ①「国民の意識と環境問題への取り組み」、②「自然・気候と環境に配慮したライフスタイル」、③「都市開発・経済発展と環境保護」の3グループに分かれ、それぞれが今後調査・研究していくことを話し合いました。グループ毎に課題を明確化していくため、伊香賀先生からは、国連の持続可能な開発目標(SDGs)やイスカンダル地域開発庁(IRDA)などのウェヴサイトを紹介していただきました。