NEWS

NEWS詳細

慶應大学 大川研究室 グローバルワークショップ 第6回

2015.12.11

12月5日(土)、慶應大学大学院メディアデザイン研究科 大川研究室による「グローバル ワークショップ」の第6回が行なわれました。”Global Environment(地球環境問題)”の2回目となる今回は、次回のアクション・プラン作成に向け、自分たちが伝えたいこと・アイディアを形にする方法(プロトタイピング)の練習を行いました。

生徒たちは、関心のあるトピックごとに再編されたチームで、Product(製品)、Service&Business (サービス)、Campaign(キャンペーン)の三つの手法のいずれかを用いて解決策を考えます。今回は、地球環境問題をいったん離れ、「お菓子」に関する課題解決策を考えました。「たくさん食べてもゴミが増えない工夫のある製品を考えよう」、「お菓子を食べても健康管理ができるサービスを考えよう」「お菓子を使った『健康に気をつけようキャンペーン』を考えよう」などのミッションが与えられ、各チームがアイディアを出し合い、そのアイディアを形にしました。実際のお菓子を試食したり、PRESTEXTという写真加工アプリを使用してポスターを作ったり、いつも以上に楽しい雰囲気でワークショップは進行。2コマ続きの授業があっという間に感じられました。

次回は、いよいよ地球環境問題に関するアクション プランの作成。ICTを活用して、考え、議論する過程において、生徒たちは様々な「21世紀型スキル」を身につけています。