NEWS

NEWS詳細

「サステイナビリティ基礎」教科横断型授業④

2015.11.25

11月24日(火)7限、この日の「サステイナビリティ基礎」は、どのクラスも先週の内容を発展させたものでした。
「環境とライフスタイル」をテーマとするクラスでは、班ごとに環境にやさしい発電について考え、海洋温度差発電や廃棄物利用発電、また、ヒートポンプなどが挙げられていました。また、「開発経済と人間」では、世界各国の夫婦における家事労働と職業労働にかける時間について調べ、経済発展のために各国は何を犠牲にしてきたのかが話し合われていました。そして、「災害と地域社会」では、先週の校内フィールドワークをうけて、グループごとに「富士見丘の新しい防災訓練」を考え、発表しました。
各クラスとも、教員から投げかけられた課題を、生徒が自ら調べ、考えていく授業が展開されています。