NEWS

NEWS詳細

「サステイナビリティ基礎」慶應大学・伊香賀研究室の特別授業

2015.06.17

6月16日(火)、高校1年「サステイナビリティ基礎」において、慶應義塾大学理工学部システムデザイン工学科・伊香賀俊治教授による特別講義が行われました。
「災害と建築」をテーマにした講義では、私たちが暮らす住宅と安全・健康がいかに関連深いかを、さまざまなテータ、映像をもとに説明していただきました。住宅内の温度差による病気のリスクの増減、内装木質化による睡眠の変化など、興味深いお話が次々に披露され、6月20日に予定されている「慶應義塾大学 共進化住宅 見学会」のガイダンスともなりました。
また、昨年度、共同研究プログラムの手ほどきをしていただいた慶應義塾大学理工学研究科修士2年の近江さんからは、「運動と学習の関係」の検証実験の結果を示していただきました。