NEWS

NEWS詳細

今年のサマーアクティブラーニング最後のワークショップ「表現力を高める」

2014.09.05

「表現力を高める」9月4日慶應義塾大学総合政策学部の井庭崇先生によるワークショップ「表現力を高める」が本校で行われました。

冒頭井庭先生は、想像力をかき立てるような刺激を聞き手に与えるプレゼンテーションを目指そう、とお話しされました。このようなプレゼンテーションをつくる秘訣として34種類のプレゼンテーション・パターンを解説。プレゼンテーション・パターンの一覧が配布され、生徒はこの中で使ったことのあるものに○、今後使ってみたいものに☆をつけました。

この一覧を持って、生徒同士がペアを組み換えながら実践経験の情報交換。ここで教室は一気に盛り上がり、全員の対話が終わったときにはプレゼンテーション・パターンに対する理解も進んだようです。

「表現力を高める」この後、TEDの3分間プレゼンテーション(Derek Sivers: How to start a movement)ビデオを見て、プレゼンテーション・パターンの中のどれが使われているかをグループで話し合い、発表がなされました。

先生は最後に、このワークショップで学んだことを今後に活かしてほしいと結ばれました。2時間45分に及ぶこのワークショップ自体が、参加生徒の想像力を刺激して、表現力を高める効果があったことを確信しました。