NEWS

NEWS詳細

慶應義塾大学との共同研究のためのワークショップが行われました

2014.09.03

9月2日慶應義塾大学日吉キャンパスで、同大学理工学部伊香賀研究室との共同研究のためのワークショップが行われました。伊香賀教授に日吉の駅までお出迎えいただき、一同教室へ。実験を担当する大学院生の近江さんと雨宮さんが進行役を務め、共同研究に参加する生徒自身が被験者となって実験がまずは行われました。10分間の安静後と、10分間の軽い運動後に行う知的作業では結果がどのように異なるかを探ることが目的です。実験の中味はマインドマップ作成、計算問題、共通点探し。明るすぎず、暗すぎず、暑すぎず、寒すぎない微妙な調和が保たれた環境での作業実験に、生徒は集中して取り組みました。生徒が少し疲れたところで、伊香賀先生が先頭に立ってキャンパスツアー、学食での昼食という心憎いスケジュールで、生徒は元気回復。午後の実験が行われ、その後、アンケートの分析法についての説明が行われました。

11月に行われるピアサポートで、生徒は8つの研究グループごとに伊香賀研究室を訪問します。このため、日吉キャンパスから理工学部のある矢上キャンパスまでの道を近江さん、雨宮さんの案内で歩いて確認した後、日吉駅で解散となりました。

関連記事1    関連記事2    関連記事4    関連記事5    関連記事6