富士見丘中学高等学校

沿革

1940(昭和15)年3月 昭和商業実践女学校創立(設立者 青田瀧蔵、森本正久)
1944(昭和19)年3月 校名を富士見丘女子商業学校と改称
理事長に青田瀧蔵、学校長に森本正久就任
1947(昭和22)年4月 中学校の設置許可を受け、渋谷区の委託で公立中学校の教育を代行、
男女2学級の生徒を受け入れる
1948(昭和23)年4月 学制改革により富士見丘高等学校・同中学校と改称
1951(昭和26)年3月 設立者を学校法人富士見丘学園に組織変更。渋谷区よりの委託期間終了に伴い、女子のみの高等学校として生徒募集を開始
1953(昭和28)年4月 学校長に吉田盛次就任
1965(昭和40)年7月 校外施設として富士山麓山梨県南都留郡忍野村に高原寮完成
1969(昭和44)年4月 商業科の類型として秘書コースを設置
1972(昭和47)年3月 他校に先駆け春休みを利用した英国短期留学開始
1974(昭和49)年4月 商業科・秘書科の募集を停止し、普通科のみの募集に変更
1978(昭和53)年3月 6ヶ年にわたる一貫教育をめざして、休校中の中学校を開校
1980(昭和55)年6月 忍野高原寮を解体、新高原寮「青丘学林」(鉄筋コンクリート3階建)完成
1982(昭和57)年7月 夏休みを利用したアメリカ姉妹校訪問研修旅行(西海岸)開始
1983(昭和58)年11月 教育諸条件の整備のため、教育環境等を考慮し、日野市南平に校外運動場用地として9,056.82m2を取得
1985(昭和60)年12月 校外運動場(日野市南平)完成
1988(昭和63)年3月 理事長に吉田盛次就任(学校長兼務)
1988(昭和63)年7月 夏休みを利用したカナダ短期留学開始
1989(平成元)年3月 春休みを利用したオーストラリア短期留学開始
1989(平成元)年9月 学園創立50周年記念事業として、運動場地下にサブアリーナ完成
1990(平成2)年8月 テニス部、中高ともに全国制覇
1993(平成5)年4月 学校長に吉田晋就任
1994(平成6)年4月 本校独自の自主研究プログラム「5×2」を開始
1995(平成7)年10月 理事長に吉田晋就任(学校長兼務)
1996(平成8)年3月 高等学校テニス部、全国選抜テニス大会3連覇
2000(平成12)年3月 創立60周年記念行事の一環として新校舎一期工事完成
2002(平成14)年3月 新校舎完成
2008(平成20)年4月 高等学校1年次に英語特別選抜クラスを設置
2008(平成20)年8月 中学少林寺拳法部、全国制覇
2010(平成22)年8月 高等学校テニス部、インターハイ団体7回目の優勝(歴代最多回数)
2012(平成24)年1月 3ヶ月・6ヶ月留学開始(英・米・豪)
2012(平成24)年3月 ロンドン大学キングスカレッジ(英)・クィーンズランド大学(豪)と指定校推薦制締結
2012(平成24)年3月 高等学校少林寺拳法部、全国選抜大会優勝
2013(平成25)年1月 ザイード未来エネルギー賞ハイスクール賞ファイナリスト表彰受賞
2013(平成25)年8月 高等学校テニス部、インターハイ団体4連覇(歴代最多連続優勝)
2014(平成26)年3月 文部科学省よりスーパー・グローバル・ハイスクール・アソシエイト校に指定される
2014(平成26)年11月 高等学校、アメリカ西海岸修学旅行開始
2015(平成27)年3月 文部科学省よりスーパー・グローバル・ハイスクール(SGH)に指定される
2016(平成28)年4月 高等学校にコース制導入(グローバルコース/アドバンストA・Bコース)
2016(平成28)年4月 中学校に英語特別コースを設置