富士見丘中学高等学校

英語教育プログラム

中学

img

高校

img

【N】はネイティブ教員担当

①4技能型英語授業(全コース共通)

授業内で4技能(Reading、Listening、Writing、Speaking)をバランスよく鍛え、全てのレベルの生徒に、自信を持って英語で発信できる力を身に付けさせます。

②Integrated English(英語特別コース)/
Critical Thinking in English(高校アドバンストコースB)

英語特別コースの生徒のうち、総合的な英語力が秀でた生徒には、ネイティブの教員が週6時間取り出し授業を行っています。中学生では主にReadingとWritingの重点を置き、英書読解のスキルや、エッセイの組み立て方についての訓練を重ねます。この授業は高校でのCritical Thinking in Englishの授業に接続し、高校では英書のクリティカルリーディングをはじめ、様々なテーマの幅広いテーマに関して学び、プレゼンテーションやエッセイライティングのスキルを磨きます。

③Discussion in English(英語特別コース)

英語特別コースの全生徒を対象に実施している「Let’s Speak」からの取り出し授業です。中学ではアカデミックな語彙やイディオムの習得を目標とし、高校では英語の文献や資料を読み解く力を伸ばすとともに、英語によるディベート力を高めます。

④Extensive Reading(全コース共通)

  • 出来るだけ多くの英書を辞書を使わずに読む授業です。自分に合ったレベルの短編から読み始め、徐々に長い文章にチャレンジし、単語力、読解力、速読力を養成します。この授業を通じて日常的に英語を読む習慣が身に付き、受験時の英語長文への抵抗感もなくなります。

  • img

⑤Academic English(高校アドバンストコース)

ネイティブの教員によるオールイングリッシュの授業です。英文エッセイの書き方、プレゼンテーション、クリティカルリーディングなど、海外で行われる授業と同じような内容が展開され、TOEFL、IELTS(英語力判定テスト)の対策にもつながります。

⑥Science in English(高校アドバンストコース)

  • 通常の理科の授業で扱った内容の中からテーマを選び、理科を専門としたネイティブの教員が、英語で行う理科の授業です。アカデミックな学習と、TOEFL、IELTS(英語力判定テスト)などの試験に向けての語彙力向上と科学的トピックの理解を目的にしています。

  • img
大学入試に直結する4技能試験

⑦GTEC(一般コース)

富士見丘では、授業内でReading、Listeningのみならず、Writing、Speakingを含めた4技能を徹底的に鍛えています。その4技能の習熟度を測るために年に1回GTECに挑戦し、一定以上のスコアに達した者はTOEFLの受験へと移行していきます。GTEC、TOEFLともにそのスコアを大学入試の英語の入試でも活用できる日本の大学が増えています。

⑧TOEFL Junior Comprehensive/TOEFL iBT(英語特別コース)

英語特別コースの生徒のうち、総合的な英語力が秀でた生徒は、TOEFL対策のe-learningを中1から開始させ、TOEFL Junior Comprehensiveを校内で全員受験します。TOEFL Junior Comprehensiveで一定レベルに達した生徒はTOEFL iBTに移行し、高校3年生までにTOEFL iBTでの高得点獲得を目指します。そのスコアを国内外のハイレベルな大学への進学へとつなげていきます。